ヴィトン 売る

ヴィトンを【uttoku】で売ると・・・参考買取価格の一例のご紹介

ルイ・ヴィトン

ネヴァーフルMMポーチ付

ルイ・ヴィトン

モノグラム ネヴァーフルPMポーチ付

ルイ・ヴィトン
ジッピー・ウォレット

未使用品 100000円

Aランク 70000円

Bランク 50000円

Cランク 25000円

未使用品 100000円

Aランク 70000円

Bランク 50000円

Cランク 25000円

未使用品 65000円

Aランク 45000円

Bランク 32000円

Cランク 25000円

ルイ・ヴィトン

ポルトフォイユ・サラ

ルイ・ヴィトン

ダミエ ポルトフォイユ・ジョセフィーヌ

 

未使用品 60000円

Aランク 40000円

Bランク 30000円

Cランク 10000円

未使用品 30000円

Aランク 20000円

Bランク 15000円

Cランク 8000円

 

 

 

この他にもヴィトンなら何でも高額買取になるのは間違いなし!
もちろんエルメス、シャネル、クロエ、コーチ、ミュウミュウなど、その他のブランド品も高価買取してくれますよ!

 

買取価格は人気や在庫状況などで日々変動していきますので、詳しくは下記の【uttoku】の公式サイトよりご確認ください。

 

 

uttokuボタン

ヴィトン売るなら【uttoku】のおすすめポイント!

  1. 365日24時間いつでも受付。スマホやネットで簡単申込み。
  2.  

  3. 引き取り&空箱が無料!ヤマト運輸が自宅まで引き取りに、しかも専用の空箱までも用意!
  4.  

  5. 連絡してから最短で当日引取!査定から現金振込まで最短24時間!
  6.  

  7. 査定額に納得いかない場合の返送費もuttoku負担で完全無料!
  8.  

  9. 現金でなく、ポイントに変えれば割増されるのでとってもお得!

 

uttoku選ばれる理由

 

お申し込み時の記入事項も、住所・氏名・電話番号・メールアドレスを入力するだけなので
時間にして約60秒という短時間で簡単に終わりますよ!!

 

【uttoku】買取サービスの流れをご紹介

まずはネットから【uttoku】の無料査定を依頼しましょう。

 

宅配業者(ヤマト運輸)が、梱包用の空箱を持って指定の日時にご自宅へ来てくれ、その場で商品を渡せばOK。
自分でわざわざ箱を用意したり荷物を運ぶ手間が省けて、なおかつプライバシーの保護にもなるんです。

 

査定と送料はもちろん無料です!

 

もし査定額に満足いかなくても無料で返送してくれるので
「ちょっとこれどうかな?」と思う物も安心して査定に出すことができますよね。

 

 

 

 

受付

<ネット申し込みで簡単受付>

 

まずは無料査定に申込します。
【uttoku】公式サイトに専用フォームがありますのでご利用ください。

 

14:00までに査定依頼を申し込むことで、最短で当日に運送業者が引取にきてくれます。
※地域により異なりますので、申し込みの際にご確認ください。

 

 

 

 

 

 

引取り

<無料出張引取>

 

最短で当日、自宅まで無料で品物を引取にきてくれます。

 

自宅で待っているだけなので、面倒な持ち運びは不要です。
運送業者(ヤマト運輸)が梱包用のダンボールを持って自宅まで来てくれるので、
査定してもらいたい品物をご用意して待っていて下さい。

 

※あらかじめダンボール等に梱包しておいて、そのまま渡しても大丈夫です。

 

『必要書類』

 

本人確認書類のコピーを引取り時に同梱できるようご準備ください。
本人確認書類の詳細については<公式サイト>にてご確認ください。

 

 

 

査定

<【uttoku】にて査定作業>

 

【uttoku】にてお預かりした商品は、専門の査定員が一つ一つ店頭査定価格を徹底調査し、きちんと査定してくれます。
※商品が未開封・新品だった場合は開封して査定しますのでご了承ください。

 

品物が届いた当日に査定し、査定結果はメールで知らせてもらえます。

 

 

 

 

 

 

査定額受取

<お受取り>

 

査定結果がOKだったら、査定金額の受取方法は【現金振込】または【ポイント】から選ぶことができます。
【ポイント】で受け取る場合は「査定額+α」になるので現金受取よりもよりお得になるんです!

 

【現金振込】は最短で当日振込。
【ポイント】の場合は振替まで1週間程度の時間がかかります。
※提携先サービスの条件により、提供時期が異なる可能性があることをご了承ください。

 

もし、査定額が納得できなかった場合には、商品が無料で返送されるので安心です。
※査定後の返答希望を受け付けてから約1週間で発送します。

 

 

 

 

uttokuボタン

利用しやすいポイント提携先がたくさん【ポイント提携先のご紹介】

【uttoku】では、査定額の受け取り方法を、提携パートナー企業の『ポイント』から選ぶことができるんです。

 

『ポイント』を選択するメリットは、なんといっても「査定額+α」に増額されるということ!!
最大で50%UPになるサービスもあるので、上手に使用してみてくださいね。

 

  • OZmall 10%UP
  • ぐるなび 20%UP
  • Cyta.jp(サイタ) 最大50%UP
  • 109シネマズ(東急系映画館) 38%UP
  • ホテルオークラ 144%UP
  • ダスキン 10%UP
  • ANA 10%UP
  • amazon 間もなくスタート
  • nanaco 間もなくスタート

 

 

<提携パートナー企業のご案内>

 

提携パートナー

提携パートナー

提携パートナー

 

 

 

提携パートナー企業は今後もまだまだ増えていく予定になっています。
最新の情報は<公式サイト>よりご確認ください。

 

誰もが憧れるブランドとして君臨するルイ・ヴィトン

高級ブランドの中でも世界中でその名を知らしめているのがヴィトンです。
正確にはルイヴィトンという名前で販売されていますが、多くの方はヴィトンという名前で呼んでいることが多いです。

 

非常に長い歴史を持っており、1800年代中盤にはルイヴィトンは動きを見せていました。
ちなみに名前というのは創設者の名前をそのままブランド名としています。
これは多くのブランドにありがちなことです。

 

販売している商品は数多くあるのですが、中でも有名なのがモノグラムです。
これはブランドロゴを前面に散りばめたもので、本来は濃いブラウンの色が主体となっています。
最近では別の色を採用したモノグラムというのも結構作られるようになっているので、
必ずしも濃いブラウン系の商品だけではないのです。

 

また廃盤となっている商品も数多くあり、希少価値の高さというのも特徴として挙げられます。
今でも最新のトレンドを重視しつつ、伝統的な製法で作られている商品が生まれています。
日本でもなじみのあるブランドであり、多くの方が購入しやすいような値段となっています。
高いものは相当高くなりますが、リーズナブルな値段で販売されている商品もかなり多くなっており、
今では取扱店で簡単に買えるようになっています。

ヴィトンのモノグラム

ルイヴィトンのラインナップの中でも、代表的なものとしてモノグラムがあります。
ルイヴィトンの代名詞とも言えるデザインであることから、
ルイヴィトン最初のラインナップであると思っている方も多いようですが、実はそうではありません。

 

モノグラムの前には、ダミエというラインナップがありました。
ちなみにこのダミエ、現在でもモノグラムと肩を並べるルイヴィトンの主力であります。

 

モノグラムラインナップを開発したのは、ルイヴィトンの2代目でした。
初代であるルイヴィトンのイニシャルである「L」と「V」を組み合わせ、さらにお花のような模様をつけました。
このお花模様は実は日本の「家紋」をヒントに作り出されたものです。
19世紀末のパリでは、ジャポニズム旋風が吹き荒れており、日本のデザインをヒントにしたのはこのためだといわれております。

 

モノグラムラインナップの中でも主力商品といえば、バッグと財布でしょう。
この両方ともかなりハードな使い方をしていても、なかなか表面にキズがつきません。
それは、モノグラムで使われている素材に秘密があります。
実は牛革などではなく、ポリ塩化ビニールが使われているのです。
これによってしなやかながらキズがつきにくくなっています。

ルイヴィトンのダミエがたどった歴史

ルイヴィトンのラインナップの代名詞と言えば、まずはモノグラムを外すわけにはいきません。
そしてモノグラムと同じくらい、いや、それ以上に歴史があるのがダミエです
しかし、歴史があるにもかかわらずダミエはモノグラムの次というような位置付けとなっているのはなぜでしょうか。
それは、ダミエがたどってきた歴史を見れば分かります。

 

ダミエが誕生したのは、まだ初代のルイヴィトンが健在だった頃でした。
モノグラムが日本の家紋を元に作られたというのは有名な逸話ですが、ダミエも日本のあるデザインを元に生み出されました。
それは「市松模様」です。
言われてみれば、市松模様ですね。

 

カラーはダークブラウンとベージュという、モノグラムと同じ配色となっております。
発売開始となってから、ダミエはたちまちヒット商品となりました。

 

しかし、ヒット商品の宿命として挙げられるのが、コピー商品の登場。
この登場によって、ダミエは1896年に一度、その歴史を閉じることとなります。

 

1896年にはモノグラムも登場し、主力ブランドのバトンタッチが行われた瞬間でした。
そして1996年、モノグラム100周年記念として、ダミエが100年の眠りから復活したのです。
当初は限定版としての登場でしたが、あまりの人気ぶりに定番としてラインナップされました。

ルイ・ヴィトンの本物の見分け方

<刻印で見分ける方法>

 

人気ブランドであるルイヴィトンの宿命として、コピー商品の登場があります。
コピー商品はヴィトンそのものの売り上げを落とすだけでなく、ヴィトンのブランドイメージを損なうものでもあります。
ヴィトンの見分け方をしっかりと知って、ヴィトンのブランドイメージの向上に励みましょう。

 

さて、ヴィトンの見分け方のひとつとして、刻印があります。
ヴィトンのバッグや財布には、内側に刻印がされています。
もちろんコピー商品にも刻印がされているので、刻印の有無だけでは真贋判定をすることができません。

 

ではどのように刻印で見分けるのかというと、刻印の出来です。
本物とコピー商品を比べてみると、その違いは一目瞭然です。
コピー商品の刻印は、ずいぶんむらがあることがあります。
刻印が濃すぎてにじんでいるところもあれば、逆に薄すぎてかすれてしまっているところもあります。

 

一方本物の刻印は、しっかりと均一の濃さで刻印されています。
また、刻印されている文字も若干異なります。

 

コピーライトを示す「R」の文字のバランスが、コピー商品は多少おかしくなっています。
一方本物の「R」の刻印は、ルイヴィトンの文字ともしっかりとバランスが取れておりますので、これで判断できることでしょう。

 

 

 

<縫製で見分ける方法>

 

ヴィトンのバッグの中でも不動の人気を誇っているのが、モノグラムのバッグです。
モノグラムというのは、LとVが重なって出来た文字をデザインに取り入れたものであり、
濃い茶色をベースにしたカラーは、ルイヴィトンの代名詞とも言えます。

 

頻繁にモノグラムのバッグを使う人にとって、ヴィトンの縫製はしっかりしているので扱いやすいところでありますが、
最近ではヴィトンのコピーバッグも出回っております。

 

しかしこの縫製こそ、本物とコピー商品を見分けるポイントなのです。

 

一般的な傾向として、本物の縫製の方が偽物よりもしっかりとしていることが特徴です。
そして、本物に関しては、どんな縫製であっても常に手を抜いていないことが特徴です。

 

コピー商品であっても、表だけを見ていては、本物と全く遜色ない縫製の出来となっております。
しかし、裏側や内側を見てみると、明らかに本物の方が仕上がりがよいのです。
コピー商品のほうは、表とステッチが異なっていたり雑になっていたりします。

 

モノグラムの財布などでは、素材の内側に縫い付けてある糸と素材の色が同じなのが本物であり、
明らかに色が違うということになればそれはコピー商品となります。

 

ファスナー部分の縫製の仕上げも、よく見てみると偽物は雑です。

 

 

<ハトメボタンで見分ける方法>

 

日本人にとってもっとも憧れのブランドであろうブランドと言えば、ルイヴィトンです。
憧れであるため、コピー商品でもいいからもちたいと思っている人も結構いるようですが、本物を買うようにしましょう。
しかし中には、本物を買ったつもりがコピー商品をつかまされてしまったなんてこともあります。
そんなルイヴィトンの本物とコピーを見分ける方法には、どのような方法があるのでしょうか。

 

いろいろな方法がありますが、まずはボタンを見てみましょう。
ヴィトンの財布などでは、ハトメボタンが使われていることが多いですが、このボタンの形状がまず異なります。
本物のハトメボタンは、凸部分が丸みを帯ながらもどこかシャープさを持っています。
一方でコピー商品の場合には、凸部分がどこか寝ぼけた感じのシルエットとなっています。

 

とはいえ、これは実際に本物とコピーを見比べてみないと、なかなか分かりません。

 

コピーだけでも分かるポイントと言えば、ハトメボタンの凹部分です。
パヴェの財布などを見てみると、本物の場合にはこのボタンの凹部分が模様の切れめのところに配置されています。
一方コピーの場合、パヴェの模様のずれたところにボタンがついていることが多いのです。

ルイヴィトンで使われている主な材質

世界中、特に日本人女性からは絶大な支持を集めているルイヴィトンですが、その材質に関してはあまり知られてはいません。
ルイヴィトンの商品では、どのような材質が使われているのでしょうか。

 

まずは意外に思えるかもしれませんが、塩化ビニールです。
塩化ビニールというと、水道管のようなものをイメージしてしまいますが、ヴィトンで使われている塩化ビニールは少し違います。
エジプト綿の上にポリ塩化ビニールをコーティングしたものが、ルイヴィトンでは使われています。
実は塩化ビニール、モノグラムやダミエといった主力ブランドの生地として使われているので、絶対に無視することはできません。

 

次に牛革です。
牛革が使われている場所はどこかというと、バッグの角の部分やもち手の部分です。
比較的丈夫な素材ですが、使っているうちにすぐに変色してきます。
しかしこれは決して粗悪品というわけではなく、使い込むうちに味のある風合いになるのです。

 

それ以外には、レザーがあります。
レザーと言っても普通のレザーではなく、型押ししたレザーです。
これが使われているのが、エピと言うルイヴィトンのラインナップ。
エピと言うのはもともと「麦の穂」という意味です。
エピの模様を見ていると、どことなく麦の穂が風にそよいでいるように見えますよね。

 

FX レーシック 費用 ケータリング 埼玉